【青少年のための国際支援セミナー】9月22日(祝日)

2016年08月11日

日本TFT協会理事長、国連欧州連合フィリピン副事務局長である、ディヤーナ国際学園特別名誉教育顧問の森川綾女先生より、セミナーのご案内です。
0000.JPG

国際支援に興味のある、小学生〜大学生の皆さん!是非ご覧ください!
子どもたちが、多様性を理解し、協力をする大切さを学ぶ機会です。
柔軟な思考と行動力の基礎になります。小学生から大学生まで対象の特別企画です。
0001.JPG


大人も見学できますので、どうぞシェアください。
http://www.jatft.org/info/966.html
posted by miyazawa at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディヤーナ国際学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディヤーナ国際学園 〜ディヤーナWEB小学校で生徒が復習〜

2016年08月05日

長野県ディヤーナ国際学園本校には、様々な問題や経緯から、縁あって訪れている生徒が殆どです。
なかには、不登校になったり、もしくは学校に行きたくても病気等で通えず授業を受けられなかった生徒もおり、このディヤーナWEB小学校の無料動画が大活躍!大変助かっています。自分の苦手な科目を、自分のペースで学習でき、しかも講師の先生の説明も分かりやすい!

13901629_1786171568264685_388834191_o.jpg
ディヤーナWEB小学校とは、「教育格差を無くす」をコンセプトに、小学校の学力に差が出るといわれる、小学校高学年の基礎に焦点を当てて作られています。誰でも気軽に見ることができ、御自身のペースで苦手な科目を学ぶことができます。1つの動画は集中力が続くよう、10分以下に設定されています。
皆さんも是非お試し下さい‼


ディヤーナWEB小学校
https://www.youtube.com/channel/UCYpXG3fpp1-xkYDUNJfWgaQ
posted by miyazawa at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディヤーナ国際学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エースリフォームさんが、社員教材として、小沢先生と辻先生の共著『ヨガX武道〜究極のメンタルをつくる!〜』をご購入頂きました‼

2016年08月03日

エースリフォームさんが、社員教材として、小沢先生と辻先生の共著『ヨガX武道〜究極のメンタルをつくる!〜』をご購入頂きました‼

いつも連盟恒例行事の教育講演会や禅道会空手大会にご寄付やご協力を頂いており、社会貢献活動にとても関心高く応援してくださる、株式会社エースリフォームさん。
引きこもり、家庭内暴力、不登校、軽度発達障がい、精神障害などの自立支援を行う私達の活動にもいつも応援して頂いております。
またさらに、地域ボランティア活動などにて、動物園のペンキ塗り替えなども積極的に行っていらっしゃいます。本当に素晴らしいご活動を続ける方々です!
当法人のラオス修練所にて、修練生活を終えた禅道会総本部で仕事も空手も頑張っている永野隼人くんも、今では社員としてエースリフォームさんにお世話になっております。

13883903_1111533995603035_784313867_n.jpg
※写真はエースリフォーム本社にて、和地さんと永野君


そんな、思いやりのあるリフォーム会社のエースリフォームさん。
私達の寮の修繕も行っていただきます。
リフォームなどお考えの方はいかがでしょうか?
仕事が丁寧なのはもちろん、充実、親切、丁寧な対応できっとご満足頂けます!

”ちゃんと塗る会社” ”ちゃんと治す会社” ”ちゃんとアフターメンテする会社”
株式会社 エースリフォーム
http://www.ace-reform.jp/
posted by miyazawa at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディヤーナ国際学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーハトーブクリニック 萩原優 先生がヤフーニュースに掲載されました!

2016年07月20日

ディヤーナ国際学園の特別名誉顧問、イーハトーブクリニック 萩原優 院長がヤフーニュースに掲載されました。

タイトルは・・・

なぜ「答えは必ずその人が持っている」のか
プレジデント 7月9日(土)14時15分配信(下記 記事引用)

 消化器外科医として長年のキャリアがあり、がんの手術も数多く手がけてきた萩原優先生は、患者さんへの心のケアが病後の状態に大きく関係していることに気づきます。自らも心のケアのできる代替医療を学ぶうち、病気の原因は、実は患者さん本人が知っているのだと考えるようになったといいます。現在、自らクリニックを開業し、病気に悩む人のカウンセリングを行っている萩原先生にお話をお伺いしました。

■心に働きかける代替医療

 聖マリアンナ医科大学病院で、30年以上にわたり消化器外科医として勤務しました。当時は、今とは医療システムが違って、長期入院ができたので、がんの患者さんなど、最期まで看取ることもよくありました。聖マリアンナ医大病院では、がん患者さんのためのチーム医療が充実しており、医師、看護師、薬剤師に加えて、牧師や哲学の教授らがチームを組んで、患者さんの心のケアを行っていました。チームのケアにより末期がんの患者さんが死を受け入れて明るくなっていく姿を見ているうち、心のケアを無視できないと考えるようになり、自ら代替療法を学ぶようになりました。

 特に人の心の内側や、潜在意識を扱った療法に興味を持ち、サイモントン療法(米国の医師が開発したがん患者向けの心理療法)や催眠療法(催眠を用いた心理療法)などのイメージ療法(クライアントの想像力を利用した心理療法)を学びました。そして、2007年、心のケアを中心としたカウンセリングのできるイーハトーヴクリニックを横浜市内に開業し・・・・・


・・・・興味深い内容の続きは以下よりご覧ください。・・・
ヤフーニュース(プレジデント)
http://plaza.rakuten.co.jp/ihatovoclinic/diary/201607200000/?scid=su_369

萩原先生のブログ
がん 催眠療法 統合医療 ホリスティック医療 イーハトーヴクリニック日記
http://plaza.rakuten.co.jp/ihatovoclinic/



萩原 優 先生
photo_hagiwara.jpg
特別名誉教育顧問
医学博士  広島大学医学部卒業
東京女子医大外科で3年間の医療錬士を経て、聖マリアンナ医科大学第一外科にて消化器外科、内視鏡的診断・治療、緩和医療に従事した。第一外科講師、同大学講師、准教授を経て西部病院外科部長を歴任した。30年以上に渡り大学病院に勤務し、平成17年3月退職した。平成18年9月より19年3月まで「森の診療所」院長を勤めた。
現在は聖マリアンナ医大客員教授。イーハトーヴクリニック院長。医療における精神面に特に重要視し、統合医療を行っている。
催眠療法を実践しつつ、その普及に努めている。
元日本外科学会指導医、元日本消化器外科学会指導医、日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会認定専門医、日本緩和医療学会評議員
posted by miyazawa at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディヤーナ国際学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディヤーナ国際学園 「畑で野菜を作って食べよう部」 〜 畑仕事でご近所付き合いを学ぶ! 〜

2016年07月19日

学園の畑は、今年は一応、順調に野菜が育ち、現在オクラ収穫地獄に突入!
夏は雑草が物凄く、生徒達と毎日草取りと野菜の収穫、水やり等で畑に訪れるのですが、その間、ご近所の農家や果樹園の皆さんとお会いすることが多く、皆さんに学園生徒の顔もだんだん覚えて頂けているようで、多くの皆さんに声をかけて頂けるようになり、たまにアドバイスやお褒めの言葉を頂きます。人見知り気味の学園生徒も、最初は挨拶だけでしたが、今ではご近所の方と少しずつ交流が出来るようになってきました。トラクターの矢沢さんには「ここを通る度に色々と畑が変化して、何が出来るのか、いつもここの道を通るのが楽しみなんだよ。頑張っているね!」と激励の言葉を頂きました。
13754661_1780054995543009_7849930926464841613_n.jpg
13754364_1780054978876344_2261839375807426377_n.jpg
いつも野菜を頂いたり、ヨモギ餅を学園の生徒に大量に作ってくれたりしてお世話になっている佐々木さんには、先日感謝の気持ちをこめて収穫したオクラをおすそ分けしたら、店に売っている出来栄えの「坊ちゃんかぼちゃとスイカ」が返ってきました。なんか得した気分です。スイカは冷やし、かぼちゃは煮物にして美味しく頂きました。

現在学園の畑では、いんげん、モロッコインゲン、オクラ、なす、きゅうり、トマト、食用へちま(初めて食べましたが皆に不評)、スイカ、空芯菜、ミニゴボウ、ゴーヤが収穫時期です。
13615437_1775892385959270_929193611767844219_n.jpg
13615470_1775892555959253_6423088861575481046_n.jpg

収穫した野菜を食べることが出来るのは本当にありがたいことで、生徒達も感謝の言葉を口にするようになりました。昨日も沢山の野菜が収穫でき、生徒達と片付けて帰ろうとしていたら、学園の畑の上の段の桃の果樹園のおばさんがバイクでやってきて「これ食べて!」と桃を沢山くださいました!これには生徒も大喜び!
地域の皆さんと交流をしていく中で、生徒も学んでいってもらえればうれしいです。
posted by miyazawa at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディヤーナ国際学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする