闘鶏

2010年07月06日

前々から気になっていた闘鶏に行ってきました。
寮からそう遠くない所にその名も「カブヤオ・スタジアム」という闘鶏専用のスタジアムがありまして一体どんなものか仲間数名と観戦してみました。

建物内は結構本格的なつくりで八角形の柵に囲まれたリングを中心に観客席があり独特の雰囲気が醸し出されていました。
まだ観客もまばらな時に何の前触れもなく唐突に試合が始まり、それぞれ鶏をかかえた二人の闘鶏ブリーダーがお互いの鶏の闘争心を煽るようにくちばし同士を突付きあったりした後に地面に鶏を置いて試合開始。
と、いきなり一方の鶏が飛び上がって相手を両足で踏みつけるように体当たり。
ちなみに鶏の片足には刃物が取り付けられています…。
下になった鶏はあっという間にグッタリしました。レフェリーがまるでカウントを数えるようにグッタリしている鶏を三回程立たせようと持ち上げましたが、すでに瀕死の状態です…。
試合終了。

負けた鶏はバケツに頭から放り込まれて係員が持っていきます…。試合時間1分弱。
なんとも言えない強烈なインパクトを覚えました。
そしてそんな試合が20〜30程続きました…。

試合が進むにつれ観客の数も増え歓声も大きくなります。というのも観客の多くがどちらが勝つか賭けているのです。試合前には魚市場の競りのような賭けの交渉、一試合終わるごとに賭けた者同士でお金が飛び交っていました。

そんな光景が日曜の午前中に行われています。闘鶏のDVDなども街のDVDショップで売っています。
観光地めぐりでは体験できないフィリピンに触れた気がしました。


【フィリピンスタッフ日記>神崎の最新記事】
この記事へのコメント
お久しぶりです。
闘鶏観戦。レアですね。
ところで、闘鶏は
軍鶏なんですか?
Posted by ワイジ at 2010年07月06日 21:47
ワイジさんコメント遅れました。
お元気ですか?
そう軍鶏です。
秒殺試合の連続でした。
Posted by 神崎 at 2010年07月18日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。