大根とさつま揚げ

2011年12月03日

nomono.jpg

東京にお住まいの生徒ご両親が、学園に、本場「薩摩のさつま揚げ」を送って下さいました。
さつま揚げの写真は宮澤先生が撮っていたので多分ここ数日にアップしてくれると思いますが、大量なさつま揚げでした。4箱!
1箱は小沢先生に。
2箱はそのまま美味しく生徒と食べ(1箱はまだ冷蔵庫にありますが、あまりの美味しさに1箱生徒でぺロり。あっと言う間でした。)
最後の1箱は私が自宅で料理をしようと持ちかえりました。

以前、宮城県のご両親から頂いた大根があったので、その大根と一緒に煮て事務所に持ってきたら、
さつま揚げも美味しかったのですが、大根に味が染み込んでいて本当に美味しかったようです。

ご父兄の皆さま、本当にいつもありがとうございます。
nnimono.jpg
日本人の悪い癖。何故か1コだけ大根が残りました。


高森事務所は、毎日忙しい日々を過ごしています。
もし、高森事務所にキッチンがあったら・・・
もし、もう少しゆとりのある時間で仕事が進められるようになれば・・・
大量に料理を作って、奥の部屋で生徒を集めて皆で食べ、もっとワイワイと楽しい時間を生徒たちと過ごすことができるのにと、ふと思う事があります。
日本サイドでは、キッチンが事務所にないので料理も限られてしまうのですが、フィリピン寮ではそれは可能になります。
先日、フィリピンの森川先生と話をし、来年より、小沢先生の代理で私がフィリピンへ赴くときは、「日本食を皆で作って食べる会」を行うことにしました。
私がフィリピンへ行った時の恒例行事にしようと考えています。
料理は上手ではありませんが、皆でキャッキャっと一緒に料理して、皆で作った料理を皆で食べる。
とても大事なことだと思います。
ちょっとながながと書いてしまいました。

ですが、高森事務所にキッチンができたら毎日バラ色です(笑)



posted by miyazawa at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本サイドスタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。