フィリピンインフォ 

2007年04月17日

RW63YZtE[1].jpg

〜フィリピンインフォメーション〜
 太平洋に浮かぶ7,000を越える島々。人の心を癒してくれる国、フィリピン。日本からフィリピンまでの飛行時間は約4時間。
「遠いな・・・」
と感じる方もいるかもしれませんが、なんと日本の最西端の「与那国島」からフィリピン最北端「イマミ諸島」までの距離は約480キロ。これは、東京から大阪まで行くよりも近い距離なのです。遠いようで近いフィリピン。
皆さん、想像してみて下さい!!
輝く太陽の下、あふれる緑、無垢な大自然と咲きみだれる花々。そして、心あらわれるような真っ白な砂浜とクリスタルブルーに輝く珊瑚礁の海・・・
子供達の目は輝き、どこでも変わらず、明るい笑顔で迎えてくれる人々がいます。ここには日本人が忘れかけた何かがあります。
 自分探しの旅・・・。私達と一緒に「サマースクール」、「ウインタースクール」に参加してみませんか!?随時、「体験スクール」の参加者も募集しています!


<正式名称>
フィリピン共和国

< 首都 >
正式名称 メトロ・マニラ

< 人口 >
約7,650万人。(2000年5月推計)
マニラの人口は約900万人。

< 面積 >
日本の約8割の広さ。 
約7,109の島々が点在。インドネシアに次いで世界第2位の群島国家となります。そのうち名前がついている島は約4,600で、人が住むのは1000の島。その他の島々は無人島となります。
首都マニラがあるルソン島をはじめ、ミンダナオ島、セブ島などの主要11島で、フィリピン総面積の96パーセントを占めます。

フィリピンの島々を簡単に3つに分けると・・・
@「ルソン」
 首都マニラが位置するルソン島や、周辺の小島・ミンドロ島。
A「ビザヤ」
 観光客に人気の高いセブ島やパナイ島、ネグロス島、ボホール島、パラワン諸島。
B「ミンナダオ」
 ルソン島に次ぐフィリピン第二位の面積を誇るミンナダオ島、東マレーシアに伸びるスー
 ルー諸島。

となり、それぞれに独自の風土を持ちます。

< 宗 教 >
カトリック83%、プロテスタント9%、イスラム教5%、その他3%。
ローマカトリック信者が80%以上を占めるフィリピンは、アジア随一のキリスト教国といえる。
カトリックの教えは人々の暮らしに深く関わっており、教会の影響力も強い。

<民族構成>
マレー系95%、中国系1.5%、その他。
先住民族も少数存在。全人口の約95%をマレー系が占めている。

s-? 418.jpg

< 気 候 >
熱帯性気候。年間を通じて暖かく、年平均温度は26℃前後。 
 6月〜11月(雨季)
12月〜 5月(乾季)

日本でいう真夏(日本の8月)に当たるのは3〜5月。雨季はかなり長く続きますが、日本の梅雨のように毎日雨が続くわけではありません。
11月〜2月ぐらいまでは昼間の気温は上がりますが、朝晩の気温はだいぶ下がり、日本の初秋のような感じもあります。
そして、どの時期でも海水浴は可能!!
服装は年間を通じて日本の夏の服装で大丈夫です!日差しが強いので、防止とサングラスもあると便利です。

< 言 葉 >
フィリピンの公用語は「タガログ語」。
過去アメリカ統治の影響もあり、学校へ通うことが出来る者は小学校低学年より英語を学び始める為、ほぼ全国で英語が通じす。なんとフィリピンは、アメリカ、イギリスに次いで世界第3番目に英語を話す人口が多い国なのです!

< 通貨 >
ペソ

<ビジネスタワー>
銀行、郵便局、航空会社などは週5日制が一般。
(銀行はAM9:00〜PM3:00)
レストランやスーパーマーケット、デパートなどは毎日営業。
(AM10:00〜PM8:00が目安)

< 時差 >
日本との時差はマイナス1時間。
日本が12:00の時、フィリピンは11:00となります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。