神戸にてニューロフィードバックセミナー

2014年11月25日

11月22日、小沢先生は兵庫県神戸市、甲南女子大学にて開催された、BCIA認定 ドクター・パールの 実践ニューロフィードバックセミナーに出席、加えて学園スタッフ齋藤も参加しました。

このニューロフィードバックとは、NHK番組デレクターである善家賢氏が、その取材内容をまとめた著書「本番で負けない脳トレーニングの最前線に迫る」新潮社(2010.1)の中で紹介されたニューロフィードバック(脳波バイオフィードバック)は、最新の脳科学とエレクトロニクス技術を用いた21世紀の新しいアプローチとして注目されています。
アメリカの精神保健局(National Institute of Mental Health:NIMH)からは特に自閉症やADHDの治療として極めてこうかがあると認められているそうです。

また、イタリアのサッカーチームACミラノは、パフォーマンス向上のために用いております。このように医療、教育、スポーツ、ビジネスなど幅広い領域において効果の期待できる、ニューロフィードバックを日本語テキストと通訳付きで4日間で集中して学びながら、実際の機器の操作を取得することができるセミナーです。
(アイ・プロジェクト統合医療研究所ホームページより引用)

セミナーを主催されているのは、アイ・プロジェクト統合医療研究所で、先日の、臨床ニューロフィードバック協会(小沢先生が理事)の理事長で、東邦大学教授、ディヤーナ国際学園 特別教育顧問 田崎美弥子 先生、同大学助教授 山口哲夫 先生、同理事で、ナチュラル診療内科 クリニック院長 竹林道紀 先生、が中心に開催されました。

受講生も、大学教授、精神科医、臨床心理士など心の問題に取り組んでおられる方々ばかり。

講師のドクター、モッシュ・ポール先生はとても優しい雰囲気と、ユーモアの溢れるセミナーに、脳と言う難しい分野で、更に英語でのセミナーでしたが、楽しく学ばれておりました。

初日は、ニューロフィードバックの歴史や機器の使い方を学び、実際にカウンセリングの要領で、開眼時、閉眼時の脳波データを取りました。
また、モッシュ先生がこれまでの臨床での経験談や、効果の論文として、発達障害、強迫障害、不安、睡眠、頭部損傷、精神薄弱、ピークパフォーマンス等への有効性のお話などを学びました。

このニューロフィードバックが発達障害や、無気力、うつなどに有効だとのことで、学園生徒のみならず光明が差し込んだような気持ちです。

2日目は、これを元にトレーニングをするそうです。とても楽しみです。
20141122092831_IMG_6631.JPG20141122092445_IMG_6629.JPG20141122092036_IMG_6625.JPG20141122091342_IMG_6613.JPG20141122091448_IMG_6619.JPG20141122160438_IMG_6637.JPG


posted by miyazawa at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディヤーナ国際学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。