ニューロフィードバックセミナーの三日目

2014年11月27日

11月24日、小沢先生は神戸市の甲南女子大学でのニューロフィードバックセミナーの三日目に参加されました。この日は朝から快晴で雲ひとつない青空でとても心地よい朝でした。
>
IMG_6757.JPGIMG_6751.JPG

> 前日の懇親会の影響もあり、とても教室内は和気あいあいとして、温かい雰囲気でした。
> セミナー開始早々に、ポール先生が一人ひとりに直接カウンセリングし、2日のニューロフィードバックトレーニングの感想と、気付きを聞き、ポジティブな事、ネガティブな事を整理要約し、処方をして下さいました。

IMG_6774.JPGIMG_6771.JPG

> その処方に基づき、午後には、二度目のニューロフィードバックトレーニングを行いました。
>
IMG_6790.JPGIMG_6793.JPG
IMG_6799.JPG
> また、セミナー中には、脳波(EEG)の覚醒モデルと、症状にあわせたプロコトルなどを学びました。
> ヤーキーズドットソンの法則という、覚醒レベルと、パフォーマンスの関係図があり、睡眠、退屈、中程度の注意、最適レベル、ストレス、不安、パニックと覚醒レベル低→高に合わせて変化をするそうです。
> そのレベルに更に集中力の必要度(課題が単純、中程度、複雑か?)に応じて、処方に影響を及ぼす事などを学びました。
>
> 沢山の知識や対応の例を学びましたが、来談者中心療法の様なしっかりとしたカウンセリング技術と、クライエントとカウンセラーの深い信頼関係が大きく影響し、さらにカウンセラーの処方能力もとても大きく影響するのだそうです。




> やはり、人と人の心が触れ合う、深い人間関係や信頼関係はとても大きな良い影響を与えてくれるのだと、ディヤーナ国際学園の生徒を鑑みましても強く思うのでした。
>
> この日は、皆様セミナー最終日に向けて、早めに帰られました。
> 小沢先生も大阪道場に帰り、毎日の自主稽古の汗を流されておりました。
> 翌朝は、早朝5時おきで稽古をする予定だそうです!流石は武道の達人だと驚きました。


posted by miyazawa at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディヤーナ国際学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。